College optimizations

私の友人の多くが、私の履修量は異常だと言います。私も野心的な授業量を取っていると思いますが、1日にもっと多くのことをこなせるようにするための最適化(ライフハック)をいくつか発見しました。 以下、そのいくつかを紹介します。

電動スケートボードを手に入れる Link to heading

短・中距離なら車並みに速く、コストは30分の1、ガソリン不要、免許不要、駐車場不要です。 自転車やスクーターが良いと思われるかもしれませんが、駐車場が必要です。ボードと違って、降りたら手に取り、講義に向かうだけです。もしボードを持っていなかったら、おそらく今の半分以下の講義しか受けられなかったと思います。

授業と寮の往復で、1回あたり平均8分ほど時間を短縮しています。1日に4コマくらい授業があるので、1日40分くらいは短縮されていることになります。実際には、友人と外食したり、用事を済ませたりするので、1日1時間くらいは節約できています。

それでも納得できない場合は、節約している時間に相当するお金を計算してみてください。時給30ドルとして、1日1時間節約すれば、1ヶ月で元がとれます(20日×30ドル=600ドル)。

私はBoosted miniXを持っています。通常の使用では1回の充電で2日もちますし、コンパクトなので持ち運びにも便利です。(ロングボードは必要以上に重いのでお勧めしません)。

miniXです。

一人で食べてはいけない Link to heading

実は僕もこれはできていません。

社会生活、学業、睡眠のバランスをとるのは難しいです。食事中の交流は、友人と定期的に付き合いながら、時間も節約できる良い方法だと思います。中学や高校では、昼食の時間を使って友人と交流するのが普通でした。大学では、昼食と夕食(朝食は早すぎる)を使って交流することができます。また、大学の食堂は無料なので、頻繁に外食する代わりに、無料でより多くの友達と交流することができ、お金の節約にもなっています。

まだ、友人と食事の時間を決めていないので、半分以上は一人で食べています。一人で食事をするときは、宿題で勉強しなければならないトピックのユーチューブのビデオを開いて、それを聞きながら食事をするのが常です。食事中に新しいことを学ぶことが多いです。

食事は通常1日1時間程度なので、もう1時間分節約できたことになります。

早寝早起き Link to heading

これは当たり前ではないかもしれませんが 私はいつも深夜に何をしているかというと 私はいつもYoutubeをスクロールしています。 早寝早起きをして、SNSを見るために使っていた時間に寝れば、それだけ朝の時間が増えます。朝はすっきりしている方が勉強しやすいので、早く寝ることで無駄な時間を省くことができました。

翌日は、起きたときではなく、寝たときから始まると思うようになりました。これは微妙な考え方の違いですが、早く寝たいと思うようになりました。遅くまで寝ていると、夜更かし(翌日が部分的にダメになる)か、睡眠不足(翌日が完全にダメになる)になってしまうからである。だから、今日は早く寝て、明日の成功を準備するのです。

どうしても遅くまで寝てしまうという人は、せめて毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きてください。そうすることで、体にリズムができ、早く眠りにつくことができます。

スマホを窓の外(もしくは見えないところ)に置く Link to heading

スマホをしまうことで、5分の勉強が終わるか、1回で4時間の勉強が終わるかの違いだとわかりました。まだ試していない人は、ぜひスマホを別の部屋に置くか、せめて見えないところに置くことをおすすめします。